美容室 居抜き

美容室の居抜き物件を契約する際には、以前の経営者がなぜその店舗を閉店させてしまったかについて事前に調査してみることをおすすめします。

閉店させたということですから何かしらの良くはない理由があるはずです。以前の経営者が現在の物件の設備をそっくりそのまま残していったというほぼ完全な居抜き物件でしたら、内装設備費などにまったくお金を投資せずとも、そしてもしあなたが以前の店舗イメージを受け入れるつもりがあるのでしたら、以前の店舗の顧客をそのまま引き継ぐことだって可能です。

しかし、店を閉店したということは以前の店舗の業績悪化という理由が主でしょう。業績悪化していた店舗の意匠をすべて引き継いでそのまま開店をするのはとても危険だといえます。

もしもあなたがどうしても居抜きの物件で美容室を開店させたい理由が開店資金をできるだけ低く抑えるというだけだとして居抜き物件を中心に選んでいるのだとしたら、美容室以外の業態の居抜き物件も探してみるということもおすすめします。

例えば、同じ業種に括られるフェイシャルエステサロンやマッサージ店などはどつでしょう。あなたのイメージやコンセプトに合うような美容室の居抜き物件がなかなか見つからなかったら、そのようなイメージの近い業種の物件の中に見つかるかもしれません。

業態が違う物件にもあなたのイメージに合う物件はあるかもしれませんが、美容室の店づくりは排水や電気機器などの特殊な設備が必要となるケースがたくさんありますので、その辺りも注意して物件探しを行う必要があります。

消耗しやすい業態なので、常日頃のメンテナンスのし易さも重視して提案してくれるこんな会社はどうでしょうか?
問い合わせ見積もり無料です。
サロンデザイン

実績数多数。店舗づくりのプロの提案を一度は聞いてみるのがいいかもしれません。
居抜き物件

東京での店舗デザインや内装、設計から、飲食店、医療オフィスのデザイン・設計・施行に至るまで実績多数。お問合せは無料です。
店舗内装